簡単登録で今すぐ無料見積もり 一括見積りで数万〜数十万円も安くなる可能性があります!

ログイン

メールアドレス
パスワード
次回からメールアドレスの入力を省略

うまく登録できない方
国・地方自治体の補助金情報

販売会社様のご登録はこちら

太陽光発電システムのCO2削減効果

太陽光発電システムの導入は、地球温暖化の原因とされるCO2の排出削減に大きく貢献します。 具体的には、「出力4kWの太陽光発電システムのCO2削減効果は、森林2300㎡分のCO2吸収量に相当します!」

太陽光発電は一般的に20年以上持つため、出力4kWの太陽光発電システムを導入することは、20年以上にわたって森林2300㎡分(約50m×45m)を保有しているのと同等のCO2削減効果があります。
これは、年間で1175kgのCO2を削減することに相当し、20年間ではなんとトータルで約23.5トン(軽自動車23台分の質量)のCO2を削減することになります。(参考:CO2削減量の計算過程

CO2削減による地球温暖化の防止は、世界レベルで急務となっています。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)による2007年の報告書(※1)において、「地球温暖化は、人間によるCO2の増加が原因である可能性が非常に高い」ことが科学的に証明されました。

※1 IPCCの報告書は、地球温暖化の議論の基礎になっています。この報告書は、世界中の数千人もの専門家の意見を集め、「現時点で最も可能性が高い予測」をまとめたものです。

したがって、太陽光発電システムの導入は経済メリットだけの話しではなく、全人類とそして子孫が生きる数十年後の地球環境に大きく貢献する行為だと言えます。また、この貢献は、主に先進国の住民だからこそできる行為でもあります。

例え話になりますが、20年間にわたって毎日欠かさずに近隣のゴミ拾いをしている人がいたとしたら、素晴らしい行為だと思われるでしょう。同様に、太陽光発電を導入することは、20年以上にわたって目には見えずともCO2を約23.5トンも削減していることになります。これは地球環境への素晴らしい行為であるとソーラーダインは考えています。