簡単登録で今すぐ無料見積もり 一括見積りで数万〜数十万円も安くなる可能性があります!

ログイン

メールアドレス
パスワード
次回からメールアドレスの入力を省略

うまく登録できない方
国・地方自治体の補助金情報

販売会社様のご登録はこちら

太陽光発電システムの導入で失敗しないためのポイント

1. まずは太陽光発電システムの導入費用の「目安」を知っておいて下さい。

太陽光発電システムは、「ソーラーパネル,パワコン,架台,配線など」の本体価格に加えて、業者の工事費用が加算されるため、決まった価格というのはありません。
しかし、導入費用の目安となる金額はあります。それは次となります。

「出力1kWあたり50万円が、導入費用の目安の上限です。」 (平成25年度時点)

これは、平成25年度の国からの補助金の交付条件が下記のように定まっているためです。そのため、国が補助金を交付する条件として「出力1kWあたり50万円以下」と定めているため、この金額が、国が目安として考える「導入費用の上限」と捉えることができます。

【国から交付される補助金】

1kWあたりの設置費用(税別) 1kWあたりの補助金単価
410,000円 以下 20,000円
500,000円 以下 15,000円
500,001円 ~ 無し

このように、平成25年度の補助金は、太陽光発電システムの導入価格が、出力1kW当たり50万円以下に限り、交付されます。

また、「出力1kW当たり41万円以下」に対しても国が補助金の交付を別途定めているということは、「出力1kW当たり41万円以下の価格も実現可能である」と国が判断していると解釈できます。

そのため、平成25年度の時点で、「出力1kW当たり50万円以下」となっていない価格を提示している業者は、特別な理由がない限り、割高な価格を提示していると考えて良いでしょう。もしそのような価格を提示している販売会社がいた場合は、なぜ国が定めている基準よりも割高なのかをその業者に質問してみると良いです。そして、ぜひ他の複数の業者にも相見積りを取ることをお勧めいたします。

2. 必ず複数の業者から相見積りを取り、価格や提案内容を比較・検討しましょう

(1)太陽光発電システムの設置費用は、「ソーラーパネル,パワコン,架台,配線など」の本体価格に加えて、業者の工事費などが加算されます。したがって、本体価格には定価がありますが、トータルの費用では定価というものはありません。また、屋根の形状や種類によっても設置の容易さが異なるため、工事費の部分が変わってきます。

そのため、もし一つの販売会社からの提示価格だけしか知らないとしたら、その価格が安いか高いか区別がつかないと思います。これは店頭販売や訪問販売で一つの会社だけから価格の提示を受けた場合も同様です。

そのため、より納得した上でのご購入を希望されるならば、必ず複数の業者から相見積りを取り、「価格,提案内容,実績数,保証内容,アフターフォロー,会社の信頼度」などの観点から比較・検討するのがよいでしょう。

初めに訪問販売をしてきた業者だけで検討して決めるのは、賢明な選び方とは言えないと思います。

(2)また、複数の業者から相見積りを取るのには別の理由もあります。
太陽光発電システムの業者は、メーカーが発行するメーカーIDを取得していないと、原則としてそのメーカー製品の販売や施工、そしてメーカー保証書の発行ができない取り決めとなっています。

そのため、一般的に、業者は、自社がメーカーIDを取得しているメーカー製品だけを提案してきます。しかし、国内に普及しているソーラーパネルのメーカーは15社近くあり、それぞれ発電効率や価格も違えば、パネルのサイズも異なります。

そして、屋根の形状やお客様の要望もそれぞれですので、一つのメーカー製品だけの提案よりも、複数の業者から相見積りを取り、複数のメーカー製品の提案を比較・検討する方が、選択肢の幅が広がり、それだけ良い選択ができる可能性が高まります。

そのため、ぜひソーラーダインの一括見積りサービスを利用して、複数の業者から相見積りを取ることをお勧め致します。ソーラーダインのご利用は「無料」です!

3. ソーラーパネルが設置できる「屋根の方位」を知っておきましょう。

一般的に、ソーラーパネル(太陽電池)の発電量が最も多くなるのは、方位が「南向き」で、傾斜角度が「30度」のときです。そして、パネルが南向きのときの発電量を100%とすると、パネルが東向きと西向きは約84%、北向きは約63%と発電量は落ちてきます。

そのため、屋根の方位が「南,東,西」向きであれば太陽光パネルは設置可能です。しかし、屋根が北向き、もしくは北東,北西の場合は、基本的に太陽光パネルは設置しません。そのため、事前に屋根の方位を確認しておくと良いでしょう。

また、2013年時点ではほとんど無いとは思いますが、もし「北向き、もしくは北東,北西」の屋根にもソーラーパネルの設置を提案してくる業者がいたとしたら、注意した方が良いと思います。その場合は、他の複数の業者に一括見積りを出してみて、他の販売会社の意見も聞いてみて下さい。

パネルの配置などの詳細に関しては、ほとんどの販売会社は見積りのための現場調査の際に、屋根の方位も踏まえて、年間発電量をシミュレーションしてくれますので、その数値を参考にして下さい。

なお、屋根の「傾斜角度」による発電効率の変化は、方位ほどの影響は受けないため、屋根の傾斜角度に関しては、垂直に近いような極端な傾斜でない限り、過剰は心配はいりません。

4. 近隣の建物や樹木などによる「影の影響」がないか確認してみて下さい。

ソーラーパネルの上に影が掛かると、発電量の低下が起こり得ます。
そのため、近隣の建物や樹木、電信柱など、屋根に影が掛からないかを事前に確認しておくと、後で「こんなはずではなかった」というリスクを減らせます。
また、家の構造によっては、ご自宅の壁や屋根も日時や季節によって影になる場合があるため注意が必要です。

ただし、素人の方が屋根の上に登って影を確認するのは、万が一の場合の命綱などの装備が無く、大変危険ですので止めておくべきです。影の影響に関しては、見積りを依頼した業者が、通常は屋根の上に登って、影が掛からないかといった日照条件を見てくれるはずですので、それを参考にして下さい。

逆に、日照条件を確認しない業者の場合は、注意した方が良いでしょう。2013年度ではそのような業者はほとんどいないとは思いますが念のためです。その場合は、屋根の日照条件までしっかり確認してくれる他の業者に依頼した方が、後でトラブルになるリスクは少ないかと思います。

また、影に関して特に見落としがちなのは、設置した時期に影が掛からなくても、季節が変わると影が掛かる場合があるという点です。
なぜなら、影の長さは、日中の太陽の高さによって変化するためです。影が最も長く延びる時期は、日中の太陽の位置が最も低くなる時期になります。そして、その時期は12月22日の冬至の日になります。

そのため、夏には影が掛からなかったが、冬になったら影が掛かるようになった、ということもあり得ますので注意して下さい。
冬至の日に屋根に影が掛からなければ、その他の季節では影はより短くなるので掛かりません。
なお、影に関するその他の注意点は次となります。

  1. 冬には樹木の葉っぱが無いために影にならなかったが、夏に樹木に葉っぱが付いたら影になるような場合。
  2. 現在は高い建物などは近隣に立っていないが、将来高い建物が立つ可能性がある場合。この場合は、建設計画を聞いたら、その建物が影になりそうかを確認し、影が掛かりそうならば、問題が大きくなる前に早めに交渉をして、こちらの正当な主張をしっかり伝えておくと良いでしょう。

5. 価格の安さだけではなく、会社の実績数や信頼度も考慮しましょう。

2013年度は、太陽光発電システムもだいぶ普及してきていますので、実績の少ない業者は減っているかと思います。
その代わり、業界での価格競争が激しくなっています。ほとんどの業者は問題ないでしょうが、業界の価格競争が激しくなると、ごく一部の業者において、価格をより安くするために、施工品質を落とすような手抜き工事をする業者も出てくるリスクがあります。

また、太陽光発電システムは一般的に20年以上持つとされますが、20年が経過する前に、設置してくれた業者が倒産してしまう可能性もゼロとは言えないでしょう。ただ、ここまで考えるとキリがないというのも事実です。

したがって、価格の安さだけで判断するのではなく、これまでの実績数や会社の信頼度なども考慮して判断するとより良いかと思います。

この点はなかなか判断が難しいところですが、太陽光発電システムの実績数の多さ、会社規模の大きさ、太陽光発電分野での業歴が長さなどから信頼度を判断するとよろしいのではないかと思います。